83号のご紹介

雑誌SPINNUTS

スピナッツ83号 
Sheep & Wool 羊毛のある暮らし

2012年9月21日発行

表紙は、フルーツカーヴィングの佐藤朋子さん、スピンハウスオリジナルのひつじのせっけん(岡ゆかり作)彫刻されたものです。
文様は、有名なバロメッツの木綿の木から吹き出た羊毛綿の図柄、チューリップの花から羊が生まれ出ているような文様ですが、これがヨーロッパの木綿のイメージだったと言います。
今回はおしゃれにフルーツカーヴィングからスタートします。
そして特集は、「トラベラーズブランケットと共に」トルコ、そして日本の旅から・・・糸紡ぎ、手仕事を考えます。

特集 Fruits carving この神々しい果実たち

表紙の佐藤朋子さんの特集、そのテクニックも、動画で見れますよ!

正倉院の花氈を再現 鈴木龍雄さんの挑戦

あえて、フルーツカービングと並べました。
古来からあるこの唐花文様、均等に花弁が咲き誇る美しいフェルトの毛氈。
鈴木さんの驚くべき工程と、フェルト製造の現場から経営トップまで上り詰めた鈴木さんの、「フェルトとは何!?」
を考えさせられるインタビューです。

連載番外 環境に配慮した羊毛染色 高橋誠一郎さんにインタビュー

今回は、今までの内容をまとめてみました。
いよいよ次回が最終回、染色の最前線を行く高橋さんの連載です。

鈴木オリエのカラフル・モザイク・ワールド

ヒツジパレット2012 人気投票1 位に輝くオリエさん、こんかいは、そのつくり方まで公開してくださいました。おたのしみに!

トラベラーズ・ブランケットと共に トルコ、そして東北の旅
本出ますみ

糸を紡ぐ人がいなくなる・・・
今、世界中でおこっている事、それは経済という名の大津波で、全て押し流されようとしている様々な物のなかに、「手仕事」もあります。
そしてそれはサバイバルできるのか・・・
をテーマに旅した特集、16ページの大力作です。
結論は・・・
ちゃーんと青い鳥を見つけました。お楽しみに!

この秋の みんぱくは見逃せない! 「世界最大級の織機と織物」

手仕事の種、それが詰まった展覧会です。
3か月あります。11月27日まで。
からだ機からドビー、ジャガードまで、世界中の織機を集めた、まさに今世紀最大の織機の展覧会。
これを見逃すと、二度と見られませんよ!


【目次】

●特集 Fruits carving この神々しい果実たち 佐藤朋子
●「動きたがる指 作りたがる手」本出ますみ
●正倉院の花氈を再現 鈴木龍雄さんの挑戦
●連載 羊料理と映画のコラボ 8 最終回
 肉はやっぱり丸焼きが一番うまい!
●連載番外 環境に配慮した羊毛染色 高橋誠一郎
●Sheep Station ツイード&ラン日本上陸
●鈴木オリエのカラフル・モザイク・ワールド
●トラベラーズ・ブランケットと共に―トルコ、そして東北
●連載 OMON CHAN のページ un peu 14「日日是好日」
●連載 庭木の恵み13 石田紀佳 棕櫚 昔、農家はシュロの毛で自家製の丈夫な縄を作った
●Fleece of the year 2012 第二回国産羊毛コンテストの入賞フリース発表
●シャガールとイヴェットのタピスリー展 福井市美術館 二人が織りなす交響楽
●連載 チリ交春秋 14 岩井和一郎「また来てや〜」の深読み五段活用
●みんぱく「世界最大級の織機と織物」

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA